■キュアリング貯蔵とは■

○-----------------------------------------------------------------○
□さつまいもは掘りたてよりも貯蔵した芋のほうが一般的においしいと言われ
ています。さらにキュアリング貯蔵をしたサツマイモは格段に甘く、そして貯蔵
できる期間も長くなります。
□そもそもこのキュアリング貯蔵とは何なのかというと、収穫したてのサツマ
イモをキュアリング用に設計された部屋に貯蔵することを言います。具体的に
このキュアリング貯蔵室では何をしているかというと、4日間を通して
室温32〜36℃、湿度90%〜95%に保つことによってサツマイモの皮膚
下のコルク層を増やします。そうすることによりサツマイモの抵抗力が増して
いき、長く貯蔵できるようになります。
□この一連の流れをキュアリング処理といいます。処理と聞くと農薬を使うと
いうイメージが強くなりますが、農薬等は一切使用しません。□⇒
○-----------------------------------------------------------------○
----------------------------------□
■当農場の貯蔵システム概要■
----------------------------------□
○大型ボイラー
--蒸気を送り温度・湿度を調整します。
○換気扇
--天井に設置、天上部の温度調整します。
○電熱線
--床部分の低温防止対策。

■熟成・糖化■

---------------------------------------------------○
□キュアリング処理をした後、病原菌への抵抗力が増した芋を高品質の
ままで長く貯蔵することにより、サツマイモのデンプンが糖に変わって
いく『糖化』が進み甘さを増していきます。
---------------------------------------------------○
□当農場専用のキュアリング室は、コンクリートでなく日本の伝統家屋
のように木材(杉)で作られています。その外観は大きな木の箱のように
なっています。木はコンクリートとは違い湿度の調整ができます。これ
は土の中の環境に近い環境をサツマイモに与えられます。従って更に
糖化の促進が期待できます。この一連の流れを組んで当農場ならではの
「キュアリング熟成貯蔵」が成立するわけです。
---------------------------------------------------○
□サツマイモは収穫までが『栽培』で、そこから熟成させて出荷して
います。サツマイモはご家庭に届くまで大事に育てて、その間ずっと
生きているのです。
---------------------------------------------------○
□----------------------------------------------------------------------□
〜石川ひぬま農場ではこの製法を
    40年間大切に守り続けています〜
□----------------------------------------------------------------------□

■次のページにキュアリング貯蔵室の様子を公開しています■
■キュアリング熟成貯蔵■
お問い合わせLinkBox
©Ishikawa Hinuma Farm