〜Web Column 23.01.24〜

コラムトップ|HOME
◆チョロギ料理レシピ@◆
  先日、雪が降る前に上草がすべて枯れたチョロギを掘り上げてみました。すると見事に真っ白
いチョロギが土の中からゴロゴロと出てきました。今回掘った畝部分はエヒメAIを散布して栽培
された場所です。以前の仮収穫時と比べると、しっかりとした大粒のチョロギが採れました。
  そこで今回収穫したチョロギをクリーム煮にして食べてみることにしました。フランスではこ
のようにして食べられているそうです。今回はこのレシピと実際に食べてみた感想や料理の写真
を掲載したいと思います。

  まず材料は、チョロギ、パセリ、バター、牛乳、小麦粉、固形コンソメ、塩コショウを用意し
て下さい。分量は食べる分で調整して下さい。

  手順は最初に鍋にバターをいれ、その次にチョロギを入れて炒めます。チョロギは透き通るぐ
らいまで炒めて下さい。チョロギに火が通ったら次に小麦粉をいれまた炒めていきます。焦がさ
ないように注意して下さい。

  次に牛乳を入れます。量はトロミの加減で調整して下さい。そしてお湯で溶いた固形コンソメ
を入れ味をつけます。チョロギ自体には味がなく(風味はあります)このコンソメが味の決め手に
なります。これも自分の好みの量で調整して下さい。

  ある程度茹でたらそこで火を止め、塩コショウで味を整えたらチョロギのクリーム煮の出来上
がりです。器に盛り付けたら最後に刻んだパセリをちりばめると更に見た目もきれいで食欲をそ
そります。お好みで最後にベーコンを入れると味に広がりがでると思います。
こちらが完成した『チョロギのクリーム煮』の写真です。

  はいでは実際に食べてみた感想です。チョロギはしっかりと火が通っていましたが食感がピー
ナッツを茹でたかのような食感でした。ほんのりチョロギ本来のピリッとした風味がしました。
その不思議な食感が食欲をそそり、チョロギの風味でさらに食欲が進みます。クリーム煮独特の
しつこさもほとんどなく、結果おいしく頂くことができました。フランス料理のコースに出てき
ても違和感無いぐらいの感じです。日本ではよく柴漬けになって売っているチョロギですがこの
ようにして食べてもいいんじゃないかと感じました。

(23.1.24)
                                  記:石川ひぬま試験場